代々木公園でランニング(5/17)

こんにちは、高椋です。5/17の『じっくりアレクサンダー・テクニーク』のクラスは代々木公園で行いました。

当初はピクニックのような感じでやりましょうと言っていたのですが、前日に『ランニングを極める~アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく』春秋社の著者であるマルコム・ボーク先生のクラスに参加したので、そこで学んだことをみなさんにシェアさせていただきました。

最初はこれまでの自分のやり方でランニングレッスンを行いました。その時点でかなり走りが改善されて、みなさんから「スムーズに走れるようになった!」と感想をいただきました。

 次にマルコム先生から教わった方法で足裏の3点支持ができるようにワークをしました。

その結果、足の接地が改善され、より地面からの反力を捉えられるようになり、「走ることが苦手だったけど気持ちよく走れた」とか「自分の身体にまだ可能性があることが感じられた。」というような感想がでてきました。

 新緑のなか気持ちよく身体を動かして、疲れたらお茶をしながら休憩を入れて、レッスン後には希望者でランチ。とても贅沢な半日でした!

参加者から感想をいただいたのでこちらに掲載させていただきます。

普段は屋内のレッスンですが今回は代々木公園へ。天気がどうなるか心配でしたが、予想に反して最高に気持ちのよいお天気に恵まれ、到着するなりお昼寝したくなるほどでした。今回はみんなで「走る」ことから実験開始。子どもの頃から走ることへの苦手意識があったので、気持ちよく走れるようになったらどんなにいいだろうと少しワクワクした気持ちでスタート。いつものように頭と脊椎のつながりを思いながら、何も深く考えず、すーっと体が前へ倒れていくと両脚もするするっと自然とついていく。で、気づいたら走ってる。あれ?そんなにがんばらなくても走れてる?!このままずっと走れてしまうかも・・・と今までにない体験。憧れていた「気持ちよく走る」体験ができて嬉しかったです。
でも、ここで調子に乗って理由や条件を分析し始めると深みにはまるので(私の場合は)、あー気持ちよかった、私もできるかも!ルンルン♪という楽しい記憶だけを残してこのレッスンを終えました。
アドバンスクラスだから自分なりに分析や学習しなくちゃ、と思い過ぎないようにしているのが今のところのMyポリシーです(笑)。自分の体の可能性が少しずつ広がっていくのが嬉しい。嬉しいと体も素直に反応していく。そんな過程を今は楽しんでいます。そして、レッスン後にみんなで美味しいランチを開拓するのも実はものすごく楽しみ。体を動かした後の窯焼きピッツァは最高でした! (Y・Aさん)

6月のグループレッスン

6/11,6/25『はじめてのアレクサンダー・テクニーク』 場所:渋谷

6/21『じっくりアレクサンダー・テクニーク』  場所:初台

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください