なりたいカラダになれるのか?⑤

こんにちは、高椋浩史です。なりたいカラダプロジェクト、地道に続けています。
今日はちょっと遅くなりましたがこの夏の報告です。

<高椋浩史>
お盆に実家に帰省した際に、毎食、たくさん作ってくれるのを、残すと悪いからと全部平らげていたらカラダがだるくなり、食べて消化することがとても疲れることだと実感しました。

そこで、帰ってから本当の食欲はどれくらいだろうということを確かめてみようと思い、1週間ほど、お腹が本当にすくまで食べないという実験を行いました。

そうしたら、結構平気で、今までの3分の2ぐらいの量でも十分どころか、半分ぐらいの日の方がカラダが軽くて眠くならないという経験をしました。

現在は3食とも食べているのですが、以前よりは摂取量は減っており体重は減少傾向にあります。

次は、涼しくなって来たので動けるカラダ作りにもう少し取り組みたいと思っています。

<佐藤拓>
夏休みで週3ペースで飲み行ったりしてましたが、体重はそれほど増えず、今は88㎏台をキープ、時々88㎏を切ったりしています。

暑さで散歩は減らしたのですが、夏休み後半からふたつ新しいことにチャレンジしています。

ひとつめは、階段を使うこと。今までは迷わずエレベーターやエスカレーターでしたが、「ここで少し運動量を稼ごう」と階段を使うようにしています。
はじめは時間的・気分的余裕があるときに試していたら、思ったよりも時間のロスがない(待ち時間が無かったり、エスカレーターよりも実際は早かったり)という発見がありました。今は急ぐとき、余裕がないときの方が意識的に階段を選ぶようになっているかもしれません。

ふたつ目は、プールです。近所の中学校の温水プールが一般開放されていて、7月に水着を買ったのですが行かずじまいになっていました。泳ぐのは数年ぶりですが、水の中で過ごすのが新鮮で楽しく、無理なく続きそうな予感です。先週は2回行きました。

<伊達アキ>
最近は、8月から子供たちの体力作りのために、親はダイエットのために(!?)毎晩お風呂の前に腹筋をしよう、というプロジェクトが家で始まりました。仲間がいるのは良い事です。お互いに「腹筋やった?」「あ、まだ。じゃあ、足押さえるよ~。」みたいな感じで。とりあえず、しばらくは続いています。

やはり、汗びっしょりになってシャワーを浴びなければいけないような運動は、なかなか続かないですね。だから、少しでも毎日続けられることを、もっと見つけていこうと思っています。

毎日コツコツ、これが大人になるとなかなか難しいですが、子供の漢字の勉強とか、ことわざの暗記なども、本当に毎日一字、一文でも、1ヶ月続けると30字、30文覚えられるのです。こんな感覚忘れてましたが、そういう感覚で運動も続けていけるといいなと思う今日このごろです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、夏の報告でした。本当の食欲を知るということが今のところ僕の中では一番のヒットです。ただ、それを始める動機が本当に強くないと難しいかなとも思いました。(高椋浩史)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください