眼球の動きを体験

先日のATVT(アレクサンダーテクニーク&ベイツメソッドでヴィジョン回復)クラスで、眼球の動きを司る筋肉の動き方をボールを使って体験しました。カラダで動きを理解するとなぜか実際の眼球の動きも滑らかになりました。by 高椋浩史

〜田中千佐子さんのFB記事より引用です。〜

眼は直線的に動くのではない!

ATVT(アレクサンダーテクニーク&ベイツメソッドでヴィジョン回復)講座でボールを手にもって眼はどう動くのか皆で体験

視力を良くするために眼の運動(眼を左右、上下、眼をまわしてみましょう)をとよく言われる。実際にやってみるとかなりきついし疲れる。

さて眼はどのように動くの?

眼の動きは眼に任せてみると眼は直線的に動いていないことに気付く。

6つの筋肉が協調して眼球が少し回転しながら動いてくれる。

眼球の周りに潤滑剤が薄く塗られているような滑らかな繊細な動いて見たい方へ眼が行きます。

いわゆる「眼の運動」は本来の眼の繊細な動きがあってはじめてできるのではないだろうか!

ボールは指を緊張させないで優しく持ちます。

この体験をしたら眼が楽になったという人も。

10154523_506385462799219_1686121604_n

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

サクラ