お絵かき教室の様子☆

image

 

こんにちは。こどもアトリエ リトルバードです。
先日は夏休み工作ワークショップで紙粘土を作りました!

初参加の子供たちが多く、やや緊張ぎみに始まりましたが、紙とのりをちぎって、混ぜてこねる作業が多いなか、気持ち悪い感覚、気持ち良い感覚を遊びながら体験してもらえたかな?と思います。
また、粘土の感触は情緒の安定にも効果があると言われています。思いっきりこねることで心もスッキリできたら素敵ですね。

後半は、作った粘土でえんぴつ立てや、壁飾りを作りました。

今回はあらかじめ色をつけて何色かの粘土をつくりましたが、色は子どものその時の心の状態が表れます。

何色かある中から、赤を多く使う子、黒を使う子、また規則正しく色分けする子、大胆にたくさん使う子、ちょこちょこと色んな色を組み合わせる子、などその時の気持ちと性格が出ていたと思います。
ちなみに赤などの暖色系は情緒を表す色、青などの寒色系は理性を表す色、黒は組み合わせによって色の意味を強調したり、抑えられた感情のはけ口だったり、と言われています。

作品となると上手い下手で見てしまいがちではありますが、この色の組み合わせがステキ、とか、どうしてこの形になったのかななどと考えながら見てみるとまた面白い見方ができるのではないでしょうか。
もちろん、どんな作品も本人の気持ちと意思のかたまりなので、ぜひステキだねと褒めてあげてくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください