なりたいカラダになれるのか?③

こんにちは、高椋浩史です。

サッカー日本代表は厳しくなりましたね。うちの奥さんなんかは「なんであんなにパスが遅いの?」「なんでもっと早くシュート打たないの?」なんて言ってました。

確かにその通りで、メディアが煽っていたほど日本は強くはないというのが現実ですが、ゴール前をあれだけ固められるとどんなチームでもゴールをするのは難しいものです。

それでも打開してしまえるメッシクラスの選手が近い将来、日本にも登場して欲しいですね。
勝ったからいい、負けたからだめじゃなく、第3戦も応援したいと思います。

さて、先週のなりカラチャレンジの報告です。

今回は佐藤拓さんからの報告です

体重は88.8kg(末広がり!)、歩数は62000歩でした。
たいやき食べたり、焼き肉食べた後朝まで飲んだり(Facebook参照)エンジョイしてこの結果には満足です。
二日酔いの影響で週末からビールを飲んでいないことだし、今日はこれから団子を食べようと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、僕の現在の体重は67.6kg、前回に比べ微減なんですがまあ、誤差の範囲とも言えます。

今感じていることは、やはり運動などいままでやっていなかったことを習慣化させることって大変だなということです。

先日、なりカラチャレンジには参加していない同僚と話をしたのですが、彼はこの1ヶ月で1.5kg減量に成功して、体脂肪率もかなり減ったそうです。

彼がやったのは1日7分間の筋トレを1ヶ月続けたということでした。(意志強えーっ!)

何か新しいやり方などを習慣にできれば、変われるんですよね。でも、そこが一番難しい。

だから、世の中様々なノウハウ本やセミナーがあふれているけど、、、。

思えば、僕がアレクサンダー・テクニークを日常で使えるようになるなるまでも、結構時間がかかりました。

その間、レッスンを受け続けて、先生からサポートを受け続けてようやく使うことが普通になったのでした。そうして今では沢山の恩恵を受けています。

習慣という重りに縛られて動けなくなっている石(意志)が、転がり始めるまで何度も何度もエネルギーを注ぎ続ける。

僕は今そんなところにいるんだと思います。このブログを書くこと、そして、探求していると何らかの面白い発見がでてくるということが、モチベーションを維持させる一助となっているように感じています。

つづく。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください