2010年にアレクサンダー・テクニークと出会ったとき、体験レッスンを担当された先生の、動きの「のびやかさ」に惚れ惚れしたことを今でも覚えています。自分やまわりはアナログ映像なのに、その先生だけ4Kになったような。

ちょうどこの頃、学生の頃から悩まされていた潰瘍性大腸炎という原因不明の自己免疫疾患の症状がピークで、西洋医学の医師からは大腸の全摘出を勧められるくらい重症でした。直感的にこのままではマズイと生命の危機を感じ、その手術は受けず、代わりに漢方や鍼灸を試したり、食事や運動など日々の生活を見直していきました。

その中で一番効果があったと思えるのがアレクサンダー・テクニークで、自分がひどくからだを緊張させていたことに気づき、少しずつそれをやめていくことが出来るようになり、それに伴い症状が和らいでいきました。生業のシステムエンジニアとして一日中椅子に座っていても、今ではほとんど症状が出なくなりました。

自分にとってアレクサンダー・テクニークは、このように生きていく上で欠かせない、日々とても役立つ具体的なメソッドである一方、つかめるようでつかめない感じや、哲学的な深遠さを感じることもあるのがおもしろく、生涯のつきあいになりそうです。

2017年 BODY CHANCE教師育成コース修了

email:akikazu@east-end.jp

講座案内

☆ATベーシック

第1、3火曜19:30〜(90分)

アレクサンダー・テクニークは、寝ている時以外いつでも使えます。起きる・歩く・顔を洗う・歯をみがく・ごはんを食べる・食器を洗う・服を着替える・靴をはく・満員電車にゆられる・椅子に座る・パソコンを打つ・本を読む・ノートを書く・自転車に乗る・泳ぐ・おしゃべりする・プレゼンする等々。

・どうすれば心身の不必要な緊張をやめられるだろう?
・どうすればより楽に、よりうまくからだを使えるだろう?
・どうすれば対人関係で疲れないだろう?
・思考とからだはどのように関係しているのだろう?
・自分全体を使うってどういうことだろう?

例えばこんなことを、日常の動作や一人ひとりがやってみたいことを通して探求していきます。

グループレッスンのよいところは、自分以外の他の生徒さんが変化することを見られることです。自分自身の変化は見えにくく実感しづらいものですが、目の前で他の生徒さんが変化する様子を見ていると、自分自身の変化も段々と信頼できるようになっていきます。

どなたでもご参加いただけます。立ったり座ったり、動きやすい服装でいらしてください。

*参加者が2名以下の場合は講師の判断で60分に短縮させていただくことがございます。ご了承下さい。

ご予約はこちらから→ 予約ページ