身体の使い方を学んでラクになる・上手くなる。吉祥寺駅徒歩5分

アニマル進化体操

☆アニマル進化体操
講師:田中千佐子プロフィール
体験談など

アニマル進化体操(進化論的身体ワーク)の専用HPはこちら

☆アニマル進化体操

日時:教師の都合により10月までお休みさせていただきます。4月〜10月まではアドバンスクラスの中でアニマル進化体操を行っておりますので興味のある方はそちらにお越し下さい。→詳しくはこちら

講師:田中千佐子
参加費:4,800円(チケット使用可*スタンプ1つ+1,000円)

進化論的な脊椎の動き
なぜ脊椎動物は頭から動くのか
ダートプロシージャーとは
眼。視覚の進化論的発達と背骨
カラダの軸
カラダの螺旋構造
制限のある中でいかに動くかの探求
原始反射との繋がり:びっくり反射や緊張性迷路反射などなど

そして人が本来持つ繊細な身体感覚を取り戻していきます。

進化論的ボディワーク

実際には以下のように動きを体験しながら探求していきます
タマゴ になってみる 
タマゴから魚へ 
ヘビやワニ
脊椎動物の上陸作戦:ワニの動きのステップ・バイ・ステップ
チーター、ゴリラ、最後にマサイ族のジャンプへ

動ける格好でお越し下さい。

ワニへの一歩

講師:田中千佐子プロフィール

田中千佐子とアレクサンダー・テクニーク:
 私は以前、喘息による呼吸困難で苦しんでいました。それが、ATを学び始めて短期間で呼吸が楽になり喘息のコントロールを自分で出来るようになったのには驚きました。そして、がんばりすぎて自分の体と心を傷つけていることに気付き、ATを深める事(=自分を深める)によりもっと楽に、体と心が離ればなれにならず、ワクワクした生き方ができることを確信ました。

からだとこころが楽になると、人には無限の可能性があるのだと実感できるのです。

新しい自分とは!新しい経験とは!いろいろな事に挑戦し自分の人生を楽しんでいきましょう! 

体験談など

「膝が体幹の外側にある状態から下側に来る過程を探るワーク。斜めに身体を動かさないと楽にできないということは目から鱗だ。」藤田一照さん

身体の螺旋構造
体の螺旋構造を実際に体験する
ただまくだけで 不思議と体のバランスが整う 一回体験してみよう